保温性の高い作業服

防寒作業服なら暖かい

作業服で保温性の高い作業服を選ぶのならば、防寒作業服を選ぶのも最適です。裏地がボアになっていたり中綿があることで寒い場所で着用しても体温が低下することがありません。寒さのレベルに合わせてラインナップがあり、中がダウンになっているものの場合には、氷点下の中で作業をしても寒さを感じずに過ごすことができます。基本的に中綿やダウンが厚ければ厚いほど高い保温性を誇りますので、その現場の気候に合わせて選ぶことにしましょう。もし防寒作業服で寒くなってしまった場合でも、インナーを工夫することで寒さを乗り切ることができます。防寒インナーは冬向けの製品も有りますから、上手く防寒作業服と組み合わせて使うことがベストです。

蒸れない防寒着を選ぶことも大切

保温性が高くて着ていて暖かいだけならば良いですが、逆に熱くなりすぎて蒸れてしまったときに、汗を発散させることが出来る素材を選ぶこともポイントです。風を通すことはなくても汗だけを逃すことが出来る素材というものはあり、通常の素材よりは多少値段が高くなりますが、蒸れずに快適に作業をすることができます。防寒着のボタンを明けて水分を逃す方法もありますが、可能ならば汗を発散できる素材の防寒着を選ぶことがベストです。また作業着だけでなく体の末端部分の保温をすることも大切になります。しっかりとした防寒作業着を着用していても、手や足の部分に防寒対策がなされていなければ、どんどん体温が下がることも有りますから、手足の防寒対策もしましょう。

作業着は、耐久性や通気性といった機能面だけでなく、シルエットや色合いなどのデザイン面にこだわった商品も多くあります。